ISO9001、ISO14001、ISO22000、EA21のコンサルティング・セミナー・研修 ISOコンサルティングサービス株式会社 愛知・名古屋

ISOコンサルティング・セミナー・研修 ISOコンサルティングサービス株式会社

門田の活動ブログ

HOME > 門田の活動ブログ > 03ISO22000・27000・OHSAS・TS

2014年03月04日

タイ TS16949ルール改訂研修

2月上旬にタイで実施された、自動車業界規格ISO/TS16949のルール変更に関する研修に参加しました。


今回の研修は、タイ・インド・日本の3か国から審査員が参加し、
非常に有意義な熱気あふれる研修でした。


%A5%BF%A5%A4%B8%A6%BD%A4%20size%20reviced.jpg


またタイ滞在中は、タイ最大の工業地帯である、アマタナコン地域の日系企業を訪問することができ、非常に良い経験となりました。


(日本のみで仕事をしていると)ISO/TSが国際規格であることの実感が湧きませんが、
海外に来ると国際規格であることを再認識し、とても良い刺激になります。


%A5%BF%A5%A4%B8%A6%BD%A4%A1%A1%BD%B8%B9%E7%BC%CC%BF%BF.jpg

今回の研修で培った知識を、また皆様の事業に役立てることが出来ればと思っていますので、
今後とも宜しくお願い致します。

2009年07月01日

柄木田製粉様 第6回コンサル(システム構築)

門田です。


一昨日(6月29日)は長野県の柄木田製粉様でISO22000のコンサルティングでした。
以前から、このブログで活動状況をずっと掲載させて頂いている会社です。


今回は6回目のコンサルティングを実施しましたが、システム構築も大詰めになってきました。
ISO22000部分はほとんど終えて、今回はISO9001の部分、特に要である製品実現プロセスに関しての話し合いをしました。


柄木田製粉様が今回取得するのは、本社工場におけるISO22000のみです。しかし、大阪工場や川中島工場はすでにISO9001を取得されていますので、将来の統合に向けてISO9001に関しても組み込んでシステムを構築しています。


※写真はISO9001の基本的な考えを説明するために、黒板に記載したものです。
200906291105000.jpg


柄木田製粉の皆様、今回もご協力ありがとうございました。
ご協力のおかげで、とてもスムーズに進んでいます。


次回もまた、宜しくお願い致します。

2009年05月31日

柄木田製粉衢諭5回目コンサル

山田です。


5月29日は柄木田製粉衢の第五回目のコンサルにお邪魔しました。


柄木田製粉様のマニュアルは、将来ISO9001+22000の統合も視野に入れて、
作成を進めているのですが、今回は22000部分の構築を行いました。


(余談ですが、9001と22000の組み合わせは、お互いの規格の弱い部分をそれぞれが
補完してくれるので、統合にすると、受注からお客様のところに商品が届くまでがカバーされ、
食品を取り扱う会社にとっては「“最強”のマネジメントシステムだな」と個人的に強く思っています)


皆さんのご協力と熱心な取組みのおかげで、マニュアルの確認・確定作業も順調にすすんでいます。

090529%CA%C1%CC%DA%C5%C4%C0%BD%CA%B4%CD%CD.jpg

コンサルティングの後半には、フローダイアグラムと敷地配置図
(どちらも22000に無くてはならないものです)
を持って書類と現場に差異が無いかの確認作業を行いました。

各部ごとのご担当者に工場のそれぞれのパートを案内・確認していただいたのですが、
丁寧にフローダイアグラムを作成していただいていただので、ほぼ欠落している部分も無く、
スムーズな確認作業となりました。

柄木田製粉の皆様、今回もご協力いただきましてありがとうございました。
次回も宜しくお願いいたします。

2009年04月29日

柄木田製粉衢諭ISO22000第4回コンサル(システム構築)

門田です。

一昨日(4月27日)は長野県にある柄木田製粉様の第4回コンサルティングでした。
このブログで進捗状況をご報告するのも3回目になる会社です。

今回は、「品質・食品安全マニュアル」の概要を説明するとともに、ISO22000のシステム構築においてキーとなる「フローダイヤグラム」の内容について詳細に確認しました。
「フローダイヤグラム」というのは食品製造の工程を記したものですが、食品の主原料だけでなく、添加物や水、洗浄剤等の工程が全て記されていなければなりません。
また、工程の中で想定される危害因子や工程の管理基準も全て必要です。
今後、実施する危害因子分析のもとのなるデータですので、十分な検討が必要です。

なお、今回は一般衛生管理についても確認しました。
システム構築は色々な要素を優先順位を明確にしながら順序良く進めていく必要が有ります。
これにより、短期間で効率的なシステムを構築することが可能です。


Image063.jpg

今回はコンサル終了後に、千曲川の河川敷まで連れて行っていただき、川魚をご馳走して頂きました。
この時期しか食べられない、とてもおいしい料理でした(お酒も)。

柄木田製粉蠅粒様、今回もコンサルティングのご協力ありがとうございます。
またお食事会もありがとうございました。

次回もまた、宜しくお願いいたします。

2009年04月08日

蠧E直ε考諭ISO27001(情報セキュリティ)登録審査立会

門田です。

昨日(4月8日)は、群馬県にある蠧E直ε考佑ISO270001(情報セキュリティマネジメントシステム)の登録第一段階審査が実施され、私はコンサルタントとして立ち会いました。

蠧E直ε垢蓮∋唆版儡物の収集運搬・中間処理、製鋼・製紙原料や鋳造原料の卸売、それに関連する回収・再生・処理を実施されている会社です。特別に扱えるものを限定せず、ほとんどの物を処理できるのが特徴です。


廃棄物処理業者がISO27001を取得するということは、企業が排出した機密書類や(HD等の)データについて、セキュリティを確保しながら確実に廃棄する仕組みがあるということで、安心して廃棄物を預けることが出来るということになります。


いくつかの指摘はありましたが、特に大きな問題はなく無事に来月の第二段階審査へと進むことになりました。蠧E直ε垢ISO9001とISO14001とを既に取得されており、来月の審査はISO27001を加えた3つの規格の統合審査となります。


ISO9001とISO14001、さらにISO27001を取得している廃棄物処理業者というのは全国でも珍しいのではないでしょうか。蠧E直ε考佑蓮廃棄物処理業者におけるモデルケースのような会社です。


今回の審査においても、(審査の立会はそれなりに緊張するものですが)皆さんがとてもしっかりと対応されていたので、安心して立ち会うことが出来ました。本当に良くISOを解されていると思います。


(※門田撮影 審査立会においてはコンサルタントが出しゃばることはできませんので、遠くから見守っています)
200904080907000.jpg

蠧E直ε垢粒Г気鵝∈鯑はお疲れさまでした。
次はいよいよ統合審査ですね。次回は立ち会いはありませんが、皆さんであれば十分に対応できると思います。がんばってください。

2009年03月10日

蠧E直ε考諭ISO27001コンサル最終チェック

今日は、群馬県桐生市にある蠧E直ε考佑ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)コンサルティングでした。


蠧E直ε垢蓮∋唆版儡物の収集運搬・中間処理、製鋼・製紙原料や鋳造原料の卸売、それに関連する回収・再生・処理を実施されている会社です。


もともとはISO14001を取得されていたのですが、ISO9001を統合され、今回さらにISO27001を統合されるということで、3つの規格の統合システムを構築しています。


廃棄物処理業者がISO27001を取得するということは、企業が排出した機密書類や(HD等の)データについて、セキュリティを確保しながら確実に廃棄する仕組みがあるということで、安心して廃棄物を預けることが出来ます。まさに、廃棄物処理業者における‘付加価値’です。


さすがにISO9001とISO14001を取得されているということもあり、ISO27001に対する理解も早く、コンサルティングも予定通りスムーズに進みました。今回は来月の審査機関による審査に向けて最終チェックです。


なお、コンサルティングの主担当は、弊社の契約コンサルタントであるコマツマネジメントサポートの小松大三氏が実施しています。


※左側で説明しているのが弊社契約コンサルタントの小松氏です(※門田撮影)。
200903101639000.jpg


(ISO27001を無事取得されれば)産業廃棄物処理業者でISO9001、ISO14001、ISO27001のトリプル取得となり、全国でも珍しいケースではないかと思います。


蠧E直ε垢粒様、今日も有難うございました。
早いもので、いよいよ審査ですね。今日のコンサルティングで皆様が本当に良く理解されていることが確認できましたので、審査も安心して迎えられると思います。


来月の審査、がんばってください。

2009年02月26日

活動ブログ 柄木田製粉衢諭閉耕邯)

門田の活動ブログ、記念すべき第1回です。


今日は長野県にある柄木田製粉衢佑帽圓辰討ました。


柄木田製粉蠅蓮⊂麦粉や小麦粉関連製品を設計・製造している会社で、現在ISO22000(食品安全衛生マネジメントシステム)取得に向けて活動中です。


今日は第2回目のコンサルティングで、文書管理や記録管理の仕組みの構築、「食品安全マニュアル」の方向性、危害因子分析を始めるための情報収集(「原材料特性表」、「最終製品特性表」、「フローダイヤグラム」等の作成開始)を進めました。


とても真剣に対応して頂き、あまりにも理解が早いので予定よりずっと深い内容に入りました。


今回は「食品安全マニュアル」の方向性について話し合ったのですが、将来のことを見据えてISO9001の要素も加味したマニュアルを作ることで固まりました。
(今までにないような、画期的なマニュアルにしたいと思います。これはコンサルタントの宿題ですが・・・)

200902261528000.jpg


本当に、‘会社の為にISOはどうあるべきか’ということを真剣に考えて頂いています。とてもやりがいのあるコンサルティングでした。

次回は3月30日(月)を予定しています。
柄木田製粉衢佑粒Г気鵝△感力ありがとうございました。


Copyright(C) 2008-2010 ISOコンサルティング・セミナー・研修のISOコンサルティングサービス株式会社 All rights reserved.